"/>

即効性を求めるならコレ!いざという時もレビトラがあれば安心

注意すること

Blue medicines

レビトラには、他のED治療薬と同じように副作用が起きることもあります。
バイアグラに比べると副作用は少なくなっていますが、突然副作用が出ても慌てないようにどのようなことが起こるのかを見ていきましょう。
大きな副作用として起こるのは、顔のほてり、頭痛、動悸、鼻づまりです。
これらは、レビトラの作用である血管を拡張させ血流を良くする効果によって起こる現象です。
ED治療薬といえども陰茎だけに効果があるわけではなく、血管は体中に通っているわけですから体全体に作用します。
でも、この顔のほてりはそう長く続かず、時間が立てば徐々に戻っていきます。
こんな顔じゃ外を歩けなくなる!といった心配はありませんので安心して下さいね。
また、レビトラを使用してはならない人もいます。
それは心臓に病を抱えている人や脳血管に問題がある人です。
特に、心臓病や狭心症の薬としても使われている「ニトログリセリン」を使用している人は絶対にレビトラを使ってはなりません。
レビトラには血管を拡張する作用がありますが、ニトログリセリンにも同じ作用があるため効果が2倍になってしまい、血管が拡張しすぎて血圧が低下してしまうからです。
またあまり知られていませんが、レビトラを服用するならグレープフルーツを食べることは禁止です。
グレープフルーツに含まれている「フラノクマリン酸」が、レビトラを効果を大きく高めてしまい、副作用が出やすく、症状を悪化しやすくしてしまうのです。
飲みやすいグレープフルーツジュースは大人気ですが、レビトラを使用する時は控えるようにして下さいね。
このように色々と注意すべきことはありますが、それさえ守ればレビトラはとても便利な薬です。
少しでも自分の健康状態に不安があるなら、一度医師に相談することをオススメします。

Copyright © 2016 即効性を求めるならコレ!いざという時もレビトラがあれば安心 - Design by Colombia Hosting